広島の本|広島の出版物と、広島にゆかりのある出著者・出版物を検索・紹介するWebSite

エディターroom

Hiroshima Book Web

ニシムラくんのタワゴト

うろこ

2014/06/24

僕はお笑い芸人の千原ジュニアの考え方に共感しています。

彼の常識に疑問を持つ目線と
そこから出てくる意見というか疑問に
毎回、目からうろこ状態になるからです。

先日も彼の著書の中で、
レンタカーのお店で、
傷のチェックを細かく行い、
それから乗って、もしぶつけたり、傷つけてしまったら
弁償費を払う。
ここまでは当然だと思う。

しかし、良く考えると、その弁償費用は
車を直すためのもので、
そうすると自分が乗るときは、前の傷は直っていないといけないのではないか?

なぜ「ここに傷あります」というチェックをするのか。

という話がありました。


確かにな、と目からうろこです。

自分はこれまで当たり前のように、
店員さんと車の周りをぐるぐる回ってました。


また、別のページでは

車一台しか通らない道で
明らかに車が来ていることが分かる距離で
道の真ん中を歩いている人の気がしれないということです。

確かに、気付かないってことはあると思うのですが、
その社会性というか、日本の常識的な思いはないのかということです。

もう少々当たってもへっしゃらな強靭な肉体なのかと
思ってしまうそうです。


これも確かにって思います。

自分も同じ状況のときに、
そんなにでかい態度はどっからくるん?って思ってしまいます。

目からうろことはちょっと違いますけどね。



てことで、日常に


何で?


を持ち続けて、
生活していこうと思います。

斜に構えるとかではなく、
常識を持ちつつ、
常識を持っているからこそ、
非常識に素直にちゃんと向き合うべきだと思うってことです。



プップー


ニシムラくんのタワゴト

エディタープロフィール

ニシムラくん

入社以来ずっとラグビーネタでイジられ続ける男。
効率の良さを求め、日々スマートに仕事をこなす鼻メガネ系男子。

エディターroom一覧

Copyright@Themediasion.co.,ltd  相互リンクはこちら
株式会社ザメディアジョン 新卒採用のコンサルティング・アウトソーシング 広島グルメwalker 合同説明会&就職勉強会