広島の本|広島の出版物と、広島にゆかりのある出著者・出版物を検索・紹介するWebSite

有名人ブログ

温泉ソムリエが自ら入浴!

厳選!中四国温泉ガイド

島根県 むいかいち温泉 ゆらら

2015/09/15

「温泉に行ったからには長湯がしたい」
これは温泉利用者の多くが思うことです。
ですが体に負担のかかる「長湯」はオススメできません。
俗に言う「適温」は大体39度から41度の間だと思います。

でも実は、この「適温」は「長湯」には向いていません。
思っている以上に体への負担が大きいのです。

では「長湯」したい方はどうしたらいいのでしょうか?
答えは「不感(中立)温度帯」に入浴すればいいのです。
34度から37度位が「不感(中立)温度帯」です。
この温度でしたら体への負担が少なくて済みます。
さらに、「不感(中立)温度帯」の入浴には鎮静作用があり、リラックスするには、もってこいの温泉です。


不感(中立)温度帯であり、さらに非加熱・非加水の源泉掛け流しで体験できるのが、「むいかいち温泉・ゆらら」です。

建物はかなり立派で、温水プールも併設されています。
入浴施設自体も内湯・露天・ミストサウナ等があり、誰でも気持ち良く利用ができます。

そして、ここの最大の特徴が「源泉掛け流し浴槽」なのです。

37度の単純弱放射能泉は、近隣の「木部谷温泉」のような「炭酸泉」的な要素も持っている良質な物です。
この源泉浴槽は小規模なので、長時間いると他の利用者の邪魔になってしまいますが、「長湯」をしようと思えば余裕で30分以上入っている事ができます。
源泉掛け流し放流型浴槽なので、「湯口」と「湯尻」では温度が若干違うので自分に適したところを探せるのも便利です。

広島市からも、近い施設ですので、毎月通う事も可能だと思います。

「普段使いの温泉」としても是非オススメします。


むいかいち温泉 ゆらら

住:島根県鹿足郡吉賀町有飯238-2
TEL:0856-77-3001
HP:http://yurara2000.com/


厳選!中四国温泉ガイド

プロフィール

中野一行(なかの・かずゆき)

1976年生まれ。中四国・九州の温泉250ヵ所以上を渡り歩く、温泉を心から愛するフォトグラファー。温泉の知識と正しい入浴法を広める「2つ星 温泉ソムリエ」と、適切な温泉利用を普及するための「温泉入浴指導員」の資格を持つ。中国・四国地方にある『本当にいい温泉』を広めるため、情報を発信中!

有名人ブログ一覧

Copyright@Themediasion.co.,ltd  相互リンクはこちら
株式会社ザメディアジョン 新卒採用のコンサルティング・アウトソーシング 広島グルメwalker 合同説明会&就職勉強会