広島の本|広島の出版物と、広島にゆかりのある出著者・出版物を検索・紹介するWebSite

有名人ブログ

温泉ソムリエが自ら入浴!

厳選!中四国温泉ガイド

鳥取県 東郷温泉 養生館

2015/05/19

養生館の温泉の特徴を簡単に説明すると「二面性を持つ露天風呂」という事でしょう。

米子市と鳥取市のほぼ中間にある東郷湖。この湖の周りにあるのが「羽合温泉」と「東郷温泉」です。
その「東郷温泉」にある「養生館」で最初に驚くのはその広さです。

約6000坪の敷地に建っている施設は、ちょっとした迷路です。
庭も広大で、普通に考えれば隣の施設かな?と思うところまで「庭」です。
広めの内湯もあり、快適に使う事が可能です。

ですが「養生館」最大の特徴は「露天風呂」です。
館内からちょっと歩いて移動します。そうすると主役の「楽園の湯」が登場します。

東郷温泉の熱めの源泉が、静かにかけ流されている様は素晴らしく、また源泉の湧出地が極至近なのも非常に素晴らしい点です。
クリアでクセがない温泉は、いつ入浴しても「さっぱりした気持ち」にさせてくれます。

ところで最初に書いた「二面性」とは一体どういった点でしょうか。

まず一つ目は「ビックリするくらい東郷湖が近い」という事です。露天の隣が「湖」とイメージして頂ければいいでしょう。
素晴らしいロケーションです。最高の「湖ビュー」です。
つまり「かなり開放的」な露天という事です。

そして二つ目は「ほとんど野湯」です。
もちろん、施設的にも管理的にも心遣いは行き届いてはいます。ですが露天の目の前に釣り人がいれば「男湯」は丸見えです。

前、私が入浴した岡山県の湯原温泉の「砂湯」も開放的な野湯でした。
ですが養生館でも、10人ほどの釣り人の目の前で入浴をした経験があります。
「野湯」への入浴に慣れていない方は日没後の方がゆっくり出来るかもしれません。
ちなみに「女湯」は、その様な事は無いようですので安心してください。

何度もいいますが「お湯」と「ロケーション」は素晴らしいです。

近年は隣の「羽合温泉」の名をよく耳にしますが、なかなかおもしろい「露天風呂」を持つ東郷温泉の養生館。
人の目なんか気にしない「温泉大好き人間」は是非、昼間の「楽園の湯」へ浸かってみてください。


東郷温泉 養生館

住:鳥取県東伯郡湯梨浜町大字引地144
TEL:0120-268105
HP:http://www.yozyokan.jp/


厳選!中四国温泉ガイド

プロフィール

中野一行(なかの・かずゆき)

1976年生まれ。中四国・九州の温泉250ヵ所以上を渡り歩く、温泉を心から愛するフォトグラファー。温泉の知識と正しい入浴法を広める「2つ星 温泉ソムリエ」と、適切な温泉利用を普及するための「温泉入浴指導員」の資格を持つ。中国・四国地方にある『本当にいい温泉』を広めるため、情報を発信中!

有名人ブログ一覧

Copyright@Themediasion.co.,ltd  相互リンクはこちら
株式会社ザメディアジョン 新卒採用のコンサルティング・アウトソーシング 広島グルメwalker 合同説明会&就職勉強会