広島の本|広島の出版物と、広島にゆかりのある出著者・出版物を検索・紹介するWebSite

有名人ブログ

元RCCスポーツアナが熱烈応援!

こちら赤ヘル実況席

運を味方にしている緒方新監督、しかし……

2015/01/13

 昨季2年連続Aクラスを確保し、今季の飛躍が期待されるカープ。これに、大リーガー黒田正樹の8年ぶりとなる古巣カープ復帰の朗報が続き、カープファンは飛び上がらんばかりに喜んだ。さらに前田健太がメジャー挑戦を先延ばしにしたことで、ファンはこの両エースで30勝以上は堅いと指を折る。そしてカープの24年ぶりの優勝が現実味を帯びてきたと、興奮を隠せない。 

 先日、心熱きファンが開幕投手を巡って、前田か、黒田かで議論している光景を見た。ともにカープファンだ。そこまで言い合う必要はないと思うが、よく聞いてみるとチケット購入の話であった。今季のカープは02年以来13年ぶりに地元で開幕を迎える。そこで開幕シリーズを球場で観たい。観戦するならば「黒田復帰の初マウンドを」というのが人情だ。当然、二人は開幕3連戦のいずれかの試合に登板のはず。どの試合のチケットを買い求めるべきか、という話であった。このような熱気はナインの背中を後押しする。大いに歓迎したい。 

 今季の『野球の女神』はカープに微笑んでいるようだ。開幕直後のカープの日程は、ヤクルト、横浜、中日と、昨年のBクラスチームとの対戦が続く。どの球団の監督も開幕ダッシュを意識する。カープもここを乗り切れば、その後の巨人、阪神戦に弾みがつく。しかも今季から指揮官は緒方孝市だ。緒方新監督は関係ないと言うかもしれないが、ファンからすれば、少しでも新監督を楽にさせたい。その点で理想的な日程といえよう。このように黒田の復帰といい、開幕直後の対戦チームや日程といい、緒方監督はツキを持っている。しかもカープ球団は毎年、黒田の復帰に一縷の望みを賭け続け、かつての黒田の背番号『15』をこの日のために空けていた。今年は2015年で『15』に縁がある。
 
 しかし、すべてのファンがそのような眼で見るであろうか。当然マスコミは、キャンプから黒田の周辺を派手に記事にする。それとともに緒方監督への期待も日毎に膨らむ。総じて過去の新監督1年目は、初采配であることを考慮し、監督への採点を多少は差し引く。目指すは優勝だが、最低でも前年度の成績を下回らなければ「よし」とした。だが約20億円の年俸に拘ることなく、4億円プラス出来高払いのカープを選んだ黒田の加入は、逆に監督へのハードルを高くし、プレッシャーをかける可能性がある。これを杞憂にさせるには、まずは開幕ダッシュに成功することが必須なのだ。
                                                        (1月12日記)


こちら赤ヘル実況席

プロフィール

鈴木信宏(すずき・のぶひろ)

1946年東京生まれ。1970年スポーツアナウンサーとして中国放送(RCC)入社、カープ戦の実況はを800試合以上を数える。2006年定年退職後も、カープへの熱い思いを胸に、執筆などで活動する。著書に「カープとともに真っ赤に燃えたマイク人生」(文芸社)がある。

有名人ブログ一覧

Copyright@Themediasion.co.,ltd  相互リンクはこちら
株式会社ザメディアジョン 新卒採用のコンサルティング・アウトソーシング 広島グルメwalker 合同説明会&就職勉強会