広島の本|広島の出版物と、広島にゆかりのある出著者・出版物を検索・紹介するWebSite

有名人ブログ

温泉ソムリエが自ら入浴!

厳選!中四国温泉ガイド

岡山県 鏡野温泉

2015/01/06

当たり前ですが、人に教えたくない温泉が当然あります。
教えたくないのなら最初から書くなと言われそうですが、あまりに素晴らしい温泉なので、我慢できずに書いてしまうのです。


【教えたくない理由】
1.地元の方の利用がほとんどなので、既存の利用者に迷惑をかけたくない。
2.中国地方・四国地方全体で考えても、あまりにも湯が素晴らしすぎるので荒らされたくない(物見遊山の利用者が増えると困る)。

ですが、中国地方の温泉の実力の高さを知ってもらうために、あえて紹介します。
くれぐれも、温泉マナーが守れない方は絶対に行かないでください。
地元の利用者に迷惑がかかります。



その温泉は岡山県にある「鏡野温泉」です。
中国自動車道・陰庄ICから、それほど遠くない距離にあります。

施設は共同浴場ですが、立地が非常にユニークな場所にあるのです。
普通に考えれば温泉とは全く関係のない、工場の敷地内に併設といった感じで建っているのです。

そして肝心の湯ですが、これがある意味「最上級」です。
中国・四国地方には、ヌルヌル系の名湯(美肌の名湯)がたくさんあります。全国的に見ても多い方です。

中四国地方のヌルヌル温泉としては、島根県の美又温泉・美都温泉。山口県の俵山温泉・長門湯本温泉・湯田温泉。岡山県では湯原温泉・奥津温泉・小森温泉。徳島県は祖谷温泉。愛媛県の小藪温泉……。その他にも、まだまだ沢山あります。

上記の温泉は、他地域の温泉と比べてもヌルヌル感では勝るとも劣らない名湯ばかりです。
ですが上記の温泉は「かなりヌルヌルする温泉」です。
鏡野温泉は「MAX」なのです。

つまり「超MAXスーパーヌルヌル温泉!!!」だと言う事です。

この施設の内湯の湯は、掛け流し循環併用型と推測され、また加温をしている様ですが、そんな事は、この施設のお湯のあまりの素晴らしさの前では、まったく気にならないのです。
それ程、良い湯なのです。


循環併用の掛け流し温泉は、その特性上、泉質によってはヌルヌル感が増す事があるので、その影響もMAXヌルヌルの要因の一つと考えられます。


東北の名湯で、「ヌルヌル温泉」の基準の様になっている温泉が、名湯「宮城県鳴子温泉郷・中山平温泉」です。
そのあまりに素晴らしいヌルヌルの浴感に「うなぎ湯」と評されるほどです。

ですが鏡野温泉は、その「うなぎ湯」に勝るとも劣らない温泉になっています。
あり得ないくらいヌルヌルです。

普通、体をちゃんと洗って入浴すると、肌のいらない角質が少なくなるのでヌルヌル感は非常に弱く感じてしまいます。

鏡野温泉は違います。
どの様な状況でも、ヌルヌルするのです。しかも激しく。

もちろん出た後、肌は超ツルツル状態です。


木を燃やしてボイラーを稼動させる感じも、情緒があります。
この様な、超名湯が中国地方にあると思うと、それだけで誇らしくなってしまいます。
作州は名湯が多い地域ですが「鏡野温泉」の個性は、一際輝いています。


今年も中国・四国地方にある「名湯」をたくさんご紹介していきます。



岡山県 鏡野温泉

住 岡山県苫田郡鏡野町市場91-1
TEL 0868-54-1649
HP なし


厳選!中四国温泉ガイド

プロフィール

中野一行(なかの・かずゆき)

1976年生まれ。中四国・九州の温泉250ヵ所以上を渡り歩く、温泉を心から愛するフォトグラファー。温泉の知識と正しい入浴法を広める「2つ星 温泉ソムリエ」と、適切な温泉利用を普及するための「温泉入浴指導員」の資格を持つ。中国・四国地方にある『本当にいい温泉』を広めるため、情報を発信中!

有名人ブログ一覧

Copyright@Themediasion.co.,ltd  相互リンクはこちら
株式会社ザメディアジョン 新卒採用のコンサルティング・アウトソーシング 広島グルメwalker 合同説明会&就職勉強会