広島の本|広島の出版物と、広島にゆかりのある出著者・出版物を検索・紹介するWebSite

有名人ブログ

温泉ソムリエが自ら入浴!

厳選!中四国温泉ガイド

広島県 宇品天然温泉 ほの湯&塩屋天然温泉 ほの湯楽々園

2014/12/16

広島県には火山帯の影響が無いため、温泉に関しては恵まれていません。
ですが例外的に、海岸部の地中を深く掘削すれば、濃度の濃い塩化物泉が湧出する事があります。

その様な方法で温泉を得た施設がいくつかあり、広島市内にも濃度の濃い塩化物泉の源泉掛け流し浴槽を持つ施設が2つ出来ています。

それが「宇品天然温泉 ほの湯」と「塩屋天然温泉 ほの湯楽々園」です。


両者とも似た作りになっていて、露天の「源泉風呂」が加熱源泉掛け流し放流型で使用されており、注ぎ込まれた塩化物泉は浴槽内で、緑濁から茶濁に近い色になっています。
また、その「源泉風呂」からオーバーフローした湯が、下段にある岩風呂に流れています。

岩風呂は大きめで、掛け流し循環併用型と思われます。
両施設の「源泉風呂」は小規模で、大人3〜4人程度が同時に入れるくらいの感じです。


広島市内にあるため利便性が良く、施設も立派。お湯も素晴らしいのですが、1つだけ人気施設に付き物の残念な点があります。

それは、いつも混んでいることです。

特に素晴らしい「源泉風呂」は、小規模なので、ゆっくり入浴する事は非常に難しい感じです(その下段の岩風呂は、ある程度大きいので、ゆっくり入浴できると思われます)。

週末や祝日は特に混み合います。
仕方のない部分ではありますが、お湯が良いだけに残念です。

ですが、気軽にまっとうな温泉を味わえる施設が至近にあるのは、大変に恵まれている事だと思います。
遠方へ何週間も湯治へ行く事は、多くの方にとって難しい事です。
ですが近くに良質な湯を提供してくれる施設があれば、ちょくちょく通う事が可能です。


広島市に住む人々にとって、気軽に「現代版の湯治」を提供してくれる、そんな施設があるのは非常に有り難い事です。
良質な温泉を都市部で身近に感じられる2つの「ほの湯」は、広島市民にとって「温泉の入口」になる貴重な施設だと思います。


宇品天然温泉 ほの湯

住 広島市南区宇品東3丁目4-34
TEL 082-252-1126
HP http://www.honoyu.jp/


塩屋天然温泉 ほの湯楽々園

住 広島市佐伯区楽々園5丁目7-1
TEL 082-921-1126
HP http://www.honoyu.jp/rakurakuen/rakurakuen/


厳選!中四国温泉ガイド

プロフィール

中野一行(なかの・かずゆき)

1976年生まれ。中四国・九州の温泉250ヵ所以上を渡り歩く、温泉を心から愛するフォトグラファー。温泉の知識と正しい入浴法を広める「2つ星 温泉ソムリエ」と、適切な温泉利用を普及するための「温泉入浴指導員」の資格を持つ。中国・四国地方にある『本当にいい温泉』を広めるため、情報を発信中!

有名人ブログ一覧

Copyright@Themediasion.co.,ltd  相互リンクはこちら
株式会社ザメディアジョン 新卒採用のコンサルティング・アウトソーシング 広島グルメwalker 合同説明会&就職勉強会